喪中はがき印刷パレット55はやいきれい

  • パレットプラザ・55ステーション
  • スマホから!パソコンから!

NO.1フォトサービスチェーン

期間限定クーポン

喪中はがきのデザインによく用いられる花の花言葉

喪中はがきによく使われる花「『椿』の特徴と花言葉について」

『椿』の特徴と花言葉について 1

寒い冬のさなかに花を咲かせ、美しい姿を見ることができる花に椿があります。
椿は喪中はがきなどにもよく使われる花であり、昔から珍重されているその花の特徴をいくつかあげます。
椿の花の色は赤色白色ピンク色などがあり、赤色ピンク色のものには白斑の入ったものや花びらの縁取りが白いものがあります。絞りのような紋様で白が入っているものもありどれも非常に美しく清楚だといえます。
花びらは一重咲きのものや八重咲きのものがあり、品種改良が行われひらひらとしたフリルのような花びらを持つ花もあります。
花の大きさは大きいものは直径13センチ以上あり、小さいものは4センチ以下になります。
艶のある葉も観賞用にされることが多く、緑のものだけでなく斑入りのものもあります。
喪中はがきに用いられる際には基本的にはあまり色を使わないことが多いため、姿形で喪中はがきに用いられることが多く一目で椿とわかる花の形や散りゆく様には特徴があります。
花弁が個々に散るのではなく多くは花首が丸ごと落ちるため、それが首が落ちる様子を連想させるとの理由からあまり縁起がよくない花とされてきました。
茶花などには多く利用されてきましたが、あまり華やかな席にはふさわしくないとされてきたことからも、喪中はがきによく使われるのにはふさわしいと思われる控え目に扱われてきた花といえます。
花言葉は「完全な愛」「女性らしさ」「誇り」などが代表的なものです。
赤い花には「慎み深い」「見栄をはらない」白い花には「最高の愛らしさ」などがあるため、どちらかと言うと女性の喪中はがきにふさわしいのではないかと感じます。
喪中はがきに用いられる花はやはり生前のその人となりを上手に表現してあげることができれば、受け取った人は喪中はがきの花を見ることで故人のことを思い出します。
冬の寒い最中に美しい花を咲かせてくれ、非常に女性らしいと思われる花言葉を多く持つ椿と言う花を、喪中はがきに用いる事はとても意味があるように思えます。

『椿』の特徴と花言葉について 2

喪中はがきによく使われる椿をモチーフにしたはがきは、日本を代表する花としても清楚で清らかなイメージがあり、冬から春に掛けて咲く花であり喪中はがきとして良く使われているのが特徴です。
椿の花の特徴として、花が美しく利用価値も高いので喪中はがきのデザインなどは、白黒の印刷にしたとしても花の気品があり、喪中はがきとしてもデザイン性があるものに仕上がる事ができます。
大昔から椿の花は日本人に愛され、日本の代表的な花と言っても過言ではないほどに親しまれてきた花でもあり、花の形や色合いなどが良いので織物などに使われてきたほどですが、観賞用としても人気がある花です。 原産地が日本の椿の花は、中国ではオリエンタルなイメージとされ花言葉は誇りや完璧な魅力などですが、赤い花では気取らない優美で、白ですと理想の愛などと花の色にもよって花言葉が変わってきます。
日本では大昔の万葉集の頃から知られており、室町時代には茶花として鑑賞されてきた花であり、小さいながらにも鮮やかな赤や白や黄色い花粉の色調が日本らしく着物の柄にも使われています。
喪中はがきに利用されるとして椿の花をモチーフにするのは、品格や相手に対する思いやりなどの意味を込めて贈る事で、相手の事を考えて配慮できる喪中はがきには日本人らしい気配りや思いやる心が喪中はがきを通して感じる事ができるデザインの花として、人々に多く使われている理由でもあります。
多くの園芸品種があり、つやのある葉や東洋的な端正で優雅な花を咲かせ、西洋文化に大きな影響を与えた花として、今では世界中の芸術にも関連している花でもあり優雅で控えめな印象も与えるイメージの花として、喪中はがきとして送るには適切な花のデザインとしても使われています。
日本の伝統的な花であり、喪中はがきにするにも気品や品格があるお知らせのはがきとして控えめで相手の事を考えた印象のある花としてのデザインは特徴があります。

一覧に戻る

ページTOPへ