喪中はがき印刷パレット55はやいきれい

  • パレットプラザ・55ステーション
  • スマホから!パソコンから!

NO.1フォトサービスチェーン

期間限定クーポン

喪中はがきのデザインによく用いられる花の花言葉

喪中はがきによく使われる花「『南天』の特徴と花言葉について」

古来より多くの人々に愛されてきた南天は、日本や中国などで良く見られる植物で赤い小さな実と、濃い緑の葉が折り重なり、喪中はがきにも良く使われているイラストです。
日本では南天が難転と言う意味もあり、難を転じて福となす、に通じることから喪中はがきを送る相手側に失礼のないように配慮したハガキのイラストとされています。
控えめな小さな赤い実の南天の植物は、見た目にもとても控えめで落ち着いたイメージのある植物ですが、イラストとして喪中はがきにする場合は、品格などがあり昔から日本人に馴染みのある植物としてのデザインとして特徴があります。
初夏に白い花を咲かせ、晩秋から初冬にかけて赤色の小球形の実を付ける南天は艶のある鮮やかな赤色の実のイメージが強いですが、赤い実の美しさが魅力的でありイラストでは文章の後ろの背景のデザインや、文章のわきのちょっとしたイラストとしての喪中はがきとして活躍できます。
綺麗な赤い実を付ける南天の花言葉は、機知に富むや福をなすなどと愛する人への贈り物としても贈られる植物ですが、相手を思いやる気持ちは一緒で喪中はがきとしての思いやりのある案内として使われています。
ナンテンの実は咳止めに、葉には健胃や解熱や鎮咳などに作用する薬効があることから、古くから庭木としても親しまれています。
日本では悪い夢を見たら床にナンテンを活けると悪夢が消え、枕の下にナンテンの葉を敷くと悪い夢が見ないようになるという言い伝えが残っていますが、今もナンテンのデザインをした手ぬぐいや枕カバーなども販売されており、古くからある言い伝えが現代でも大切にされています。
様々な効能があり、欧米では観賞用として愛されているナンテンは魅力がある小さな赤い実と形の良い葉は、喪中はがきにはとても相性が良く控えめの喪中はがきのデザインとしても使用する事が多く、喪中はがきを送る側は受け取り側に良い年をお迎えくださいと言う意味もあります。

一覧に戻る

ページTOPへ