喪中はがき印刷パレット55はやいきれい

  • パレットプラザ・55ステーション
  • スマホから!パソコンから!

NO.1フォトサービスチェーン

期間限定クーポン

喪中はがきのデザインによく用いられる花の花言葉

喪中はがきによく使われる花「『蓮』の特徴と花言葉について」

喪中はがきに良く使われる花の一つに蓮があります。この花の花言葉は「雄弁」「休養」「沈着」「神聖」「清らかな心」「離れゆく愛」など、落ち着きと別離を表す言葉が多く含まれています。この花の咲いている場所を見ても分かるように、泥水の中から美しい花を咲かせる姿がほかの花と異なって気高い印象を与えていたらしく、仏教では人が亡くなって極楽浄土に行ったとき、同じ花の上に生まれ変わるという思想があることから、一蓮托生の語源にもなっています。小説などにも極楽の池に咲いている花として描かれていますし、如来増の台座や厨子の扉の内側などにもこの花をかたどった彫刻が施されています。これは仏教に限らず、他の宗教でも特別な花として扱っていることが多く、このことから喪中はがきにも頻繁に使われていることの理由が推測されるのではないでしょうか。
喪中はがきに使用する場合には、様々な色合いの花が描かれています。最も多い喪中はがきのレイアウトは、やはり薄墨の黒一色で描かれた花の上に、喪中はがきに使用する文面を重ねているものですが、淡い桃色や青、黄色など、薄い色合いで彩色が施してあるものもあります。また、水彩画タッチのものから写真のように精細なもの、墨絵のようなものなどデザインにも様々なタイプがあります。喪中はがきでよく使われる花としては、他にも菊や桔梗、紫陽花などいくつかありますが、やはり一般的に使用されるのは蓮が最も多く、喪中はがきだけでなく、会葬御礼や満中陰志の時にも使用されています。受け取る側としても、喪中はがきに使われる花として最もなじみがありますので、年代や業種など、様々な人に送ることが多い喪中はがきに使用するには最も無難な花であるといえるでしょう。業者に印刷を頼む時でも、蓮であればどこでもいくつかのパターンを用意していますので、選択肢があります。また、利用者も多いため、仕上がりが早いというメリットもあります。

一覧に戻る

ページTOPへ