喪中はがき印刷パレット55はやいきれい

  • パレットプラザ・55ステーション
  • スマホから!パソコンから!

NO.1フォトサービスチェーン

期間限定クーポン

喪中はがきコラム

横書きのデザインについて

喪中はがきというもの自体が、儀礼的で、改まった挨拶状なので、基本的には縦書きのデザインを選ぶ方が無難だと思われます。
受け取る相手によっては、横書きのデザインの喪中はがきは、くだけた印象を受ける場合がありますので、横書きデザインの喪中はがきを送る場合は、出す相手を選んだほうがよいでしょう。
また、横書きのデザインであっても、喪中はがきとして出すのであれば、縦書きの場合と同じ内容を記載する必要があります。
くだけた印象にならないよう、フォントもゴシック体や明朝体、楷書体などの一般的なものを使用し、凝った書体や特殊なフォントを使用するのは避けた方がよいでしょう。 文章の内容も、縦書きの場合と同様に、喪中欠礼の挨拶以外のことを記載するのはマナー違反です。故人がとても個性的な人だった、他人と同じであることを嫌う人だった、などの理由から、ありきたりのデザインではなく、個性的な喪中はがきを出したいという方もいらっしゃるようですが、あくまでも、背景や絵柄、色調などを、故人を思わせるような、個性的なデザインにするにとどめ、記載する文章の内容は、喪中はがきの基本的なマナーを守ったものにすることをおすすめします。
また、差出人の住所、氏名を印刷する際に、メールアドレスやURLを載せたいという方も、最近ではいらっしゃるようです。その場合は、縦書きよりも、横書きのデザインを選ぶ方が受け取った相手にも読みやすいでしょう。

一覧に戻る

ページTOPへ