喪中はがき印刷パレット55はやいきれい

  • パレットプラザ・55ステーション
  • スマホから!パソコンから!

NO.1フォトサービスチェーン

期間限定クーポン

喪中はがきコラム

喪中はがきを送っていない人に年賀状をもらった場合どうすべきか

喪中はがきを受け取った場合、その相手に年賀状を送らないとするのが一般的な習慣となりつつあることから判断して、年賀状が届いたということは、その相手に喪中はがきが届いていなかったと考えられます。
このような場合は、寒中見舞いでお詫びの返信をするというのが一般的なマナーとされています。
いただいた年賀状へのお礼、誰が亡くなったことによる喪中だったのか、年賀欠礼の挨拶が行き届かなかったことへのお詫びを書いて送りましょう。
自分の判断で、喪中はがきを送らなかった相手(自分の知人など)の場合は、例年通り、お互いに年賀状を出している場合もあると思いますが、喪中はがきを送る際に、なかなか行き届かないのが、故人が生前にお付き合いをしていた方、年賀状をやりとりしていた方への対応ではないでしょうか。
亡くなったことを知らない相手から、故人宛ての年賀状が届くこともあり得ますね。
そのような場合には、寒中見舞いに、亡くなったことの連絡が行き届かなかったことへのお詫びとあわせて、故人との生前のお付き合いに感謝する言葉を書き添えて送るようにしましょう。「知らなかったとはいえ、喪中であるのに年賀状を送ってしまった」という気づかいを相手にさせないよう、あくまでもこちら側の不手際で、喪中はがきを送っていなかったということをお詫びするという文面・体裁にすることが必要です。寒中見舞いに使用するはがきや切手の絵柄、種類なども、喪中であることを考慮した控え目なデザインを選んで送るようにしましょう。

一覧に戻る

ページTOPへ