喪中はがき印刷パレット55はやいきれい

  • パレットプラザ・55ステーション
  • スマホから!パソコンから!

NO.1フォトサービスチェーン

期間限定クーポン

喪中はがきコラム

喪中はがきの範囲について

初めて喪中はがきを送る時に限らず、亡くなった身内と自分との関係性によって、喪中はがきを出すべきか出すべきではないのか毎回のように悩むところだと思います。必ずここまでは必要で、ここからは不必要だという決まりはありませんし、故人と自分がどれだけ深い関わりを持っていたかなどでも、喪中はがきを送る範囲というのは人それぞれ変わってくるものだと思います。
しかし、一般的には自分の両親、配偶者や子供、配偶者の両親である一親等及び兄弟姉妹や祖父母、義祖父母である二親等と言われています。ただ、二親等である故人の場合は同居していた、していなかった、関わりの深さなどによって喪中はがきを出す出さないは本人の判断に委ねられます。
また、最近では人だけでなく、飼っていたペットを亡くした場合も喪中はがきを出す人が増えてきているようです。人によっては、ペットを亡くして喪中はがきを出す人に対し理解出来ないと言う人もいますが、本来の喪中はがきを出す意味を考えてみれば、「新年を迎えることにおめでとうと言える状態ではないので、新年の挨拶は控えさせてもらいます」というものであるので、この事を考えれば単にしきたりに従ったものではなく自分の感情のままに判断すれば問題無いのではないでしょうか。
実際、二親等である兄弟とは絶縁関係にあるという人もいるので、そういった場合は喪中はがきを出さないケースがほとんどです。ただ、自分の両親の場合は、いくら不仲であり最近はろくに会話もしていなかったという場合であっても、一親等は喪中はがきは出すようにしましょう。

一覧に戻る

ページTOPへ