喪中はがき印刷パレット55はやいきれい

  • パレットプラザ・55ステーション
  • スマホから!パソコンから!

NO.1フォトサービスチェーン

期間限定クーポン

喪中はがきについてよくある質問

続柄の喪中はがきの文例

喪中はがきを郵送すること自体は、常識的なこととして知られていますが、どのような内容を記載すればよいのか、迷ってしまうケースがあります。喪中はがきの文面は、続柄によって異なる部分が出てきます。喪中はがきの内容を見た相手方に、非常識な人間だという印象を与えてしまわないよう、マナーを理解しておく必要があります。

配偶者が亡くなった場合、兄弟姉妹が亡くなった場合で、喪中はがきの文章には違いが出てきます。続柄に関係なく作成するというのは、非常識だと見なされてしまいます。詳しい知識を持っていない人は、マナーに詳しい人に相談して、適切な文章を作成しなければなりません。

一般的に、続柄の記載方法は以下の通りとされています。亡くなったのが配偶者である場合、妻なら妻、夫なら夫と、そのままを記載します。そして、亡くなったのが兄弟姉妹である場合は、兄・姉・弟・妹と、こちらもそのままの記載となります。続柄の記載を間違えるというのは、絶対にあってはならないことです。慎重に判断しなければなりません。

喪中はがきは、基本的に身内の不幸を連絡するために用いるものなので、必要の無い情報を記載することは避けます。『喪中につき、年末年始の挨拶をご遠慮させていただきます』など、喪中であることを伝える文章から始め、亡くなった方についての情報を記載します。氏名だけでなく、亡くなった日、年齢も必要です。そして、日頃からお世話になっていることに対するお礼を述べ、翌年以降も変わらないお付き合いをお願いする文章を入れます。

一覧に戻る

ページTOPへ