喪中はがき印刷パレット55はやいきれい

  • パレットプラザ・55ステーション
  • スマホから!パソコンから!

NO.1フォトサービスチェーン

期間限定クーポン

喪中はがきについてよくある質問

喪中はがき用の切手について

喪中はがきについて、正しい認識でお相手に喪に服していることをお伝えしましょう。
とくに私製はがきを利用される方は、切手についていくつか大切なことがありますので、ご紹介したいと思います。

はがきの作成を依頼する先にをどこにするかによって、この後の作業が変わります。
というのも、もともと郵便代が含まれている喪中はがきと、後から切手を貼る私製はがきがあるからです。
注意が必要なのは後者で、私製はがきを使う場合には普通の切手を貼ってはいけません。
弔辞用の切手がありますので、そちらを使って私製はがきを出しましょう。
これは、裏面の絵柄入りのはがきをどう用意するか、自身で文面だけ印刷するのか、印刷会社に依頼するのかといった状況によって変わってきます。印刷を依頼する会社によっては喪中はがきを扱っていない場合があるので、その際に弔辞用の切手を用意するようにしましょう。

一覧に戻る

ページTOPへ