喪中はがき印刷パレット55はやいきれい

  • パレットプラザ・55ステーション
  • スマホから!パソコンから!

NO.1フォトサービスチェーン

期間限定クーポン

喪中はがき

喪中はがきについてよくある質問

寒中見舞いはがき

喪中はがきを出しても、やはり日頃の感謝の想いを文書で人に伝えたいという場合があると思います。また、もし喪中である時に喪中はがきを送らなかった方から年賀状が届く場合などは少なからずあると思います。その場合に有効な方法は寒中見舞いを書くことです。
寒い時期に出すので寒中見舞いと名付けられたと言われておりますが、この寒中見舞いで「ありがとうございます」「これからもよろしくお願いします」という想いを伝えてみるといいかもしれません。
詳しく調べてみると、寒中とはどの期間を指しているのか言いますと、寒の入りから立春までというのが一般的なようです。日にちで言いますと、1月5日~2月4日頃までといった感じでしょうか。 寒中見舞いは年賀状とは異なるため、比較的やわらかく親身な表現を使っても構わないと思いますが、礼儀としての文章はありますので、しっかりと理解した上でお書き下さい。
寒中見舞いには私製ハガキを利用するのが一般的です。また、寒中見舞いというのは年賀状とは関係なく、季節の折のお手紙ですので、もし相手の状況がわからずに年賀状をだしてしまったという場合のお悔やみとお詫びの気持ちを込めて書くという場合もあるようです。
寒中見舞いを出す時期としては、松の内(1/1~1/7)があけてから立春までの間に出すのが一般的です。相手に1月7日に着くことを考えると、出す時期としては1月5,6日頃からが妥当でしょう。 さて、寒中見舞いの基本的な構成についてご紹介致します。
まず、段落の書き出しは一文字さげて書きます。書き込む内容としては、寒中見舞いの挨拶となる言葉、時候の挨拶(省略する場合あり)、(年賀状の返礼の場合は)年賀状についてのお礼の言葉、書き手の近況報告(省略する場合あり)、(挨拶状として出す場合には)ご支援やお付き合いをお願いする言葉など 、相手の体調を気遣う言葉、日付けなどを盛り込んで書くと望ましいとおもいます。

一覧に戻る

ページTOPへ