" />

喪中はがき

喪中はがきマナー

喪中の範囲

同居している家族や、一親等(父母・配偶者・子)と同居している二親等(祖父母・兄弟・孫)にご不幸があった場合に年賀状欠礼の挨拶をするのが一般的です。例年、年賀状のやり取りを含め、新年のご挨拶をしている相手に出します。会社など仕事関係の相手には基本的には出しません。また、身内にも出しません。
◎一般的な基準ですので、お住まいの地域やお家の習慣で違いもあります。

マナー

何か書き添える?

基本的には喪中である旨を知らせるものですので、余白などにその他のことは書きません。 おめでたい内容などは特に控えましょう。

年賀状を頂いてしまったら…

もしも年賀状をいただいてしまったら、年賀状でお返事を送るのではなく、「寒中見舞い」を出しましょう。 「寒中見舞い」は松の内(1月7日)が過ぎた頃から出すと言われています。

喪中はがきの時期

大体11月~12月のはじめごろ、相手が年賀状を用意する時期に間に合うよう、早めに着くように出すのがいいでしょう。また、注文が混まない早い時期に用意しましょう。

喪中はがきのマナー

喪中はがきを出しても、やはり日頃の感謝の想いを文書で人に伝えたいという場合があると思います。
また、もし喪中である時に喪中はがき を送らなかった方から年賀状が届く場合などは少なからずあると思います。その場合に有効な方法は寒中見舞いを書くことです。

寒い時期に出すので寒中見舞いと名付けられたと言われておりますが、この寒中見舞いで「ありがとうございます」「これからもよろしくお願いします」という想いを伝えてみるといいかもしれません。

詳しく調べてみると、寒中とはどの期間を指しているのか言いますと、寒の入りから立春までというのが一般的なようですので、日にちで言いま すと、1月5日~2月3日頃までに届くように送りましょう。

寒中見舞いは年賀状とは異なるため、比較的やわらかく親身な表現を使っても構わないと思いますが、礼儀としての文章はありますので、し っかりと理解した上でお書き下さい。

寒中見舞いのマナーはこちら