" />

喪中はがき

喪中とは

喪中はがきとは

喪中はがきとは、1年間以内に近親者に不幸があった場合、故人に対する生前の交誼への感謝を示すこと、および喪に服していますので慶びの年始挨拶や年賀状を送ることを控えさせていただきます(年賀欠礼)、ということを、事前に年賀状をいただきそうな相手に知らせるために出す挨拶状です。

年賀欠礼状を出す時期は、年賀状をいただきそうな相手が書き始めるであろう11月~12月10日頃までに届くように送るとよいでしょう。「喪中はがきを出す」ということが決まっていれば、早目に届けるのが無難です。仮に、12月に不幸があり、喪中はがきを出すことが間に合わない場合は、いただいた年賀状に対して「寒中見舞い」などの挨拶状を送るとよいでしょう。寒中見舞いは、翌年の1月8日以降(松の内が明けてから)届くように準備をしましょう。

喪中はがきは先述したように、その年に不幸があった時に近親者が喪に服すために年賀状をお断りするはがきです。喪中というのは不幸があってから一般的には一年間を喪に服すという意味で晴れがましいことを慎む期間なのですから、この喪中期間をお知らせするために喪中はがきがあるのです。

喪主様は喪に服しており、正月というお祝い事はふさわしくありませんので、祝意を伝える年賀状は必要ないわけです。しかしながら、喪中はがきを出された方に対して、年賀状を出さない方が良いとされていますが、近年では、喪中の方でも「年賀状は例年通りお待ちしております」などと書き加えるケースも増えてきてます。 その一方で、喪中の方で、もし年賀状をいただいた場合は、年賀状でお返事を送るのではなく、「寒中見舞い」を出しましょう。

喪中はがきの歴史

「喪中はがき」の風習は、郵便で年始の挨拶を行う「年賀状」自体が風習として定着した明治15年頃より後に生まれた風習です。もともとこの時代の「喪中はがき」は、皇室の大喪に対して官吏が出したものでした。

それが次第に皇室の大喪だけではなく、個人の喪中のための喪中はがきとして大正時代に徐々に広まり、昭和初期に徐々に一部階層の風習となっていきました。 戦後になり、お年玉つき年賀はがきの爆発的なヒットにより年賀状の風習が一般家庭に一挙に広まりました。これを機に昭和三十年代に喪中はがきも一般家庭に広く普及し、現在に至っています。現代では習慣とされている喪中はがきなわけですが、どこまで出したらいいのかという事も大切です。

では、喪中はがきはどこまでの範囲に出すべきなのでしょうか?一般的には、年賀欠礼の挨拶状ですから、毎年年賀状を交換している方に出します。実際には、喪中であることを改めて申し述べる必要のない、いわゆる「身内」には出さず、仕事関係先へは例年通り年賀状を出す方というのが多いようです。

また、まったく故人と面識のない友人などには例年通り年賀状を出す、という方も増えてきています。しかしながら近年では、故人との関係が深い方には出すけれども、故人と面識がなかったりその存在を知らない方には出さない、という傾向に徐々に変わってきているようです。

また、喪中はがきを作成するにあたって簡単な方法としては、前の年頂いた年賀状はがきをもとに作成するのが一般的だとされていますのでご参考になればと思います。それでも各方面のお知り合いから年賀状というものは届くのが主だと思いますので、大切な方であれば寒中見舞いを使い季節の挨拶及び近況などを伝えると良いと思います。